1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on April 2020
Recent Comments
Archives
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「ラスト・ホリディ」 「リトル・ガール・ロスト 〜娘よ〜」
料理が趣味で、控えめで、自分の憧れをひっそりファイリングするのが楽しみなジョージア(クイーン・ラティファ)は、販売実績癸韻凌震面椶僻稜箘。ある日、頭を打ち検査を受けたことがきっかけで病気が発覚。余命3週間と宣告されたジョージアは残りの人生を目一杯楽しもうと決意!預金を全て解約して旅に出た。

ずっと前に観たリュック・ベッソンの『TAXI NY』に主演していたクイーン・ラティファ、ならばこれは面白いと思う!と踏んで借りたのだけど、やっぱり思ったとおり面白かった。
彼女の演技は(ってまだ2作しか知らないけど)パワフルで周りの人を元気にさせるという役が多いのかもしれない。
今回の映画も余命3週間と宣告されたジョージアが余生を心置きなく過ごすうちに、知らず知らずと周りの人たちの心を変え元気にさせる。どうせ残された短い命、天国に持っていけない有り金を思う存分使い果たすべくヨーロッパの高級リゾートの高級ホテルで最上級の贅沢をし、テレビでしか会ったことのない憧れのフランス料理の一流シェフの味を堪能する。そんな彼女を周りが勝手にどこぞの超金持ちセレブと誤解することからいろんな厄介なトラブルに巻き込まれるんだけど、それでも彼女の真っすぐな性格と正義感が最後は全てを丸く収め、クリスマス時期の映画として観ていて気持ちの良い映画だった。余命3週間と宣告された後はどうなったか。それはハリウッド的ラストです♪



* * * * *


仲のよい夫婦のティムとクララには2人の娘がいるうちのひとり、6歳になるテラは里子で、定期的に実家に戻るという生活をしていた。しかし、テラが実の父親に性的虐待をされていると知り、クララは正式な養子にしようとするが却下され、しかも里子期間も終了してしまう。血の繋がりを超えた愛を証明する、事実に基づいたヒューマンドラマ。

子役の女の子がもうメチャ可愛くて切ない演技で泣かせる映画だった。まったく子供と動物ものにハズシなしってのは本当ね。w
実の父親には会いたくないと必至に泣き叫ぶ姿は演技とは思えないほど切羽詰まったものを感じ、それでも実父との時間は裁判所で決まった命令なので守らなくてはいけないので里親は嫌がるテラをなだめて車に乗せ張り裂けんばかりの思いで見送る。血を分けた本当の親子ではないのにこんなにも愛情を注げるものかと感動した。時に権利が時に法律が前を塞ぎ思うように行かず、一時は離れ離れを余儀なくされてしまう。テラの幼心に残ったものは傷なのか、それともティム夫妻の愛情なのか。重いけど感動たっぷりな作品でした。




JUGEMテーマ:映画


映画*DVD | comments(0) | -
「セルラー」 「レミーのおいしいレストラン」
高校教師ジェシカは突然、自宅に侵入した見知らぬ男たちに拉致される。
監禁された部屋には粉々になった電話が一台。電話線を復旧させ
やっと繋がった相手は全く知らない若者ライアンだった。
ジェシカと家族に命の危険が刻々と迫る・・・。
果たして誘拐犯の正体は?そして彼らの真の狙いは?

すご・・・めっちゃ心臓ドキドキしながら見ちゃった。もうすごい緊迫感あり過ぎで休憩を入れながらじゃないと体が持ちません。(笑)久々にキム・ベイシンガーという気がします。この人の「ブロンディ」という銀行強盗の映画が好きです。携帯電話という機能性をうまく利用しているサスペンス映画で、どなたか書かれてましたが脚本がすごくしっかりしているんだろうと。本当にそうなんでしょうねー。いつ身の危険が迫るか分からない半壊の固定電話と、充電切れや電波の届かない所へは行けず見ず知らずの被害者を助けるべく奔走する携帯電話。相反するのも面白いと思った。いつも寸前のところで犯人に先を越されるし、これが事件だということがもうちょっとで分かるのに歯車が合わずだったり、うわぁー引っ張るなぁ〜と最後の最後まで釘付けになる。もし、知らない誰かから「誘拐された、助けて・・・」という電話を受けたら・・・あなたなどうしますか?




* * * * *


料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。その様子を見ていたレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿をリングイニに目撃され…

ずっと見たかったディズニー映画。もしかしたら子供映画にしてはちょっと大人向けかもしれないけど・・・とにかくアニメとは思えないほどの映像で驚く。かごから落ちるマッシュルームのひとつひとつが本物のようだし反射するセーヌ川の水面はまるで本当の水面みたいでどれをとってもかなりリアル。でも厨房の中でのスピーディな動きや映像はとても爽快だし、最後の和解や誰もがニンマリな締めくくりはやっぱりディズニー映画だね☆
JUGEMテーマ:映画


映画*DVD | comments(2) | -
「アドレナリン」 「恋とスフレと娘とわたし」 「恋するマドリ」
ロサンジェルスの裏社会でプロのスナイパーとして生きるシェブ・チェリオス。ある朝目覚めると、宿敵のリッキーから“眠っている間に毒を盛った。お前はあと1時間の命だ”と告げられる。解毒剤を手に入れるため、リッキーの居場所を探し始めたシェブ。やがて、知り合いの医師から、アドレナリンを出し続けると毒の作用が止められると知らされたシェブは、所構わず動き続け、興奮し続けるハメに。さらに恋人イヴも狙われていると知り、やむなく彼女も一緒に連れ回すことになるのだが…。

シリアスなスピードアクション映画だと思って観たら意外とコミカルでちょっと拍子抜け。
でも盛られた毒を制するアドレナリン分泌を出すため次から次へとムチャクチャするので
ありえないっつーの!と思いながらも目を離せない90分だった。



* * * * *


若い頃に夫を亡くし、女手ひとつで3人の娘を育ててきたダフネ。母と三姉妹は親友のように仲が良く、連れ立って出かけることもしばしばだ。そんなダフネ唯一の気掛かりは、いまだ結婚の決まっていない三女のミリー。おっちょこちょいで、これまでダメ男にばかり引っ掛かってきたミリーを心配するあまり、ダフネは自分で相手を探すことを決心。本人に内緒でWEBサイトに花婿募集の広告を出し、応募してきた男たちを片っ端から面接するが…。 

親の薦める条件の良い男性と親の反対するバツ1子持ちのミュージシャンを二股しながら本当の愛を見つけるとても参考になる映画でございました♪(笑)二股って気持ちの二股だったらまぁいいけど”完全に”二股ですからねぇ、それはいけませんがもし私だったら・・・条件が良い越したことは無いけど我慢や目を瞑らなきゃいけない事があるのならその恋はもう続けられないな。一緒にいて楽しくて素になれるバツ1子持ちのミュージシャンを選ぶかもしらない。高条件だけで男性を選べる女性も居ると思うけどその器用さには敬服します。ダイアン・キートンのおまけラブは要らなかったんじゃない?と思うけど(笑)でもダイアン・キートンの独り身中高年がチャーミングな恋愛をするパターン(恋愛適齢期のような)って好き♪ 



* * * * *


美術大学に通うユイは新しいアパートに越してきた。だが元の部屋に忘れ物をしてしまう。戻ってみると元の部屋にはアツコという新住人が住みついたばかりだった。アツコは美術デザインにも精通していて、2人はすぐに意気投合する。引っ越しが終わり新生活を始めたユイは、同じアパートに住んでいるタカシに挨拶をする。驚いたことに、タカシとはバイト先でも毎日のように顔をあわせることに。運命を感じたユイはタカシに心惹かれていくが、タカシに何も言わずに去った恋人がいることが判明する…

新垣結衣ちゃん、相変わらずカワユッス♪(笑)Francfrancの15周年記念作品として企画された映画らしい。だからっていかにもFrancFrancなコーデじゃなく美大生の一人暮らしの部屋って感じなガーリーでちょっとチープな可愛らしい部屋になっている。松田龍平がイマイチ好きじゃないというのもあってかストーリーにはそれ程感じるものはなかったんだけど、ペン立てに使ってる缶カンがカワイイなぁとか、”窓1枚にカーテン1枚”って決まっちゃないよなーって雑貨インテリアにフムフムと参考にしたり、そういう視点で観ちゃってたりして。  



JUGEMテーマ:映画


映画*DVD | comments(0) | -
『バンテージ・ポイント』




シークレットサービスのトーマス・バーンズは、仲間のケント・テイラーとともに、スペインのサラマンカで開催される首脳会談に出席するアシュトン米大統領の警護にあたっていた。サラマンカ到着直後、大群衆を前に広場でテロ撲滅のスピーチを行うアシュトン大統領が突然何者かに狙撃された。パニック状態に陥った広場の中で、狙撃の瞬間を目撃したのは8人。事件の真相に迫るため、8人の異なる視点を追いかけるトーマス。全ての視点から見えたものの先にある事件の真相とは?!



いやー予想以上に楽しめた映画だった!

最初はハリウッド映画によくあるような派手なアクションとスピードで事件を解決していくのかなって思ってた。
ボーンシリーズのようなものを想像していたんだけどね。
始めの10分からすでに衝撃的なシーンでどドワ〜ッ!となってくる。
そこから大統領暗殺の現場に関わった8人それぞれの視点と立場から状況が段々分かってきて
目が釘付けになっちゃうのである。

続きを読む >>
映画*DVD | comments(0) | -
『歓喜の歌』


舞台はとある地方都市、暮れも押し迫った12月30日。町の文化会館で働く飯塚主任は、自分がとんでもないミスを犯したことに気が付いた。「みたまレディースコーラス」と「みたま町コーラスガールズ」。まぎらわしいグループ名を電話で聞き違えて、何と大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまったのだ! 最初は「どうせオバサンの暇つぶしだし…」と高を括っていたが、双方一歩も譲ろうとしない。これまでずっと人生を事なかれ主義でしのいできた飯塚主任は、2つのグループの板挟みになって右往左往するばかり。ところが文句を言いながら走り回っているうちに、彼の中で次第に何かが変わりはじめて…。



原作は「今もっともチケットが取れない落語家」として知られる立川志の輔さんの同名新作落語だそうです。
仕事でも家庭でも事なかれ主義だった小林薫扮する館長の飯塚が、ダメ人間なりに心を入れ替えて再起奮闘するドタバタが面白おかしい。
続きを読む >>
映画*DVD | comments(0) | -
『ボーン・アルティメイタム』



自分を暗殺者に仕立てあげたCIAの極秘プロジェクト、“トレッドストーン計画”などに関する取材を進めていた新聞記者ロス(パディ・コンシダイン)とロンドンで接触しようとしたボーン(マット・デイモン)。しかし、CIAの現地要員に監視されていたロスは、若い暗殺者(エドガー・ラミレス)に狙撃されてしまう。


記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンが、“自分が何者なのか”を知るためにスリリングな旅を続ける人気シリーズの最終作「ボーン・アルティメイタム」
2作目の「ボーン・スプレマシー」から続くところがあるのでぜひ1,2作目を復習してから望むことを強くオススメします!
そして今回3作目は半端じゃないッス!
のっけから激しい追跡シーンで目が釘付け。
あぁーもうジェイソンのカッコいい事ったらありゃしないですよ。
豪腕でどんな危険も潜り抜け立ち向かっていくジェイソンに『だいじょうぶかっ!?』なんて守られた日にゃ〜即オチますね、ハイ♪
あーでもジェイソンと一緒に居たら私も狙われてしまうし、どうしよう・・・。(←バカ)

↓この先ネタバレあり!
続きを読む >>
映画*DVD | comments(2) | -
『幸せのレシピ』
マンハッタンの人気レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、仕事にも人生にも完璧主義を求める仕事人。突然の事故で姉を亡くし9歳の姪・ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになる。一方、職場には新進気鋭の料理人ニック(アーロン・エッカート)が副料理長として加入する。陽気で自由奔放なニックと、生まじめなケイト、まったく対照的な2人は最初のうちは対立するものの、次第に惹かれ合う仲に。
しかし、いまいち素直になれないケイトはそのロマンスに一歩踏み込めずにいた…。






イイッ!この映画すっごく良かった!!
ちょっと大人のラブストーリーって感じ。

仕事は頑張ってるけど恋は頑張れない不器用な女性や、彼の前ではつい強がっちゃって
素直な自分が出せない女性などがいたら、絶対見て欲しい。
自分を見直したり勇気が出る映画かもしれない。

強がっていては大事なものを失いますよ。
『自分のレシピ』を信じて・・・・・。
映画*DVD | comments(6) | trackbacks(0)
『めがね』


春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクを一つ提げて、民宿「ハマダ」に宿をとった。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎朝、浜辺で行われる「メルシー体操」、近所でぶらついている高校教師のハルナ、笑顔でカキ氷を振舞うサクラ。彼らのマイペースさに耐え切れないタエコは、ハマダを出て、町でもうひとつの民宿「マリン・パレス」に移ろうとするが…。



今回は「かもめ食堂」の二の舞(見逃し)は踏むまいと早めに観て来た。
「かもめ食堂」を引きずって観ているので(多分観に来る方々は皆そうだと思う)
あのユルさ加減や独特な間は期待通りだった。
この「めがね」のコンセプトは【たそがれ】
携帯も通じない、海しかない南の島へ来て何をして過ごすのか。
自由を見つける意味を求める人に観て欲しい映画だなって思った。


以下ネタバレあり
続きを読む >>
映画*DVD | comments(2) | trackbacks(0)
『かもめ食堂』 再び・・・
荻上直子監督による『めがね』9月22日公開予定を記念してテアトル系の映画館で
『かもめ食堂』が上映中です。
スクリーンで見逃していたので早速行ってきました。
新宿高島屋12階にあるテアトルで19時30分から1本のみの上映です。



DVDで観るのとスクリーンで観るのではずいぶん違うものですね。
同じ笑いのツボでもスクリーンで観る方がクスリ♪と笑えます。
館内の空気が自然とそうさせます。
改めてみると、やっぱりいいですね〜。(何度も言いますけど)
独特の空気感といい美味しそうな料理といい北欧の雑貨インテリアといい
かなりツボです。

思わずパンフレット、買っちゃいました。(映画パンフなんて何年ぶりだろう〜)



ココから先、ネタバレあり
続きを読む >>
映画*DVD | comments(2) | -
『かもめ食堂』と『めがね』


つい先日、やっと観たかった『かもめ食堂』 をDVDで観ました。
劇場で観たくてブログにも書いてたのにいつも混んでいて結局観れずに上映が終わってしまったのです。(泣)
うん、噂通りすごくいい感じの映画でしたネ♪

そしたら同じ荻上直子監督とスタッフによる映画『めがね』 というのが
9月22日に劇場上映というではないですか。
しかもまたしても小林聡美・もたいまさこコンビ!
絶対イイに決まってるぅ♪




この『めがね』の9月22日全国公開を記念して、
『かもめ食堂』が期間限定で再びスクリーンに登場します。
気持ちが冷めやらぬうちにこんな素敵なニュースがあるとは。
今度は絶対スクリーンで見るぞ♪

※全国の上映館・上映時期はコチラ です。

映画*DVD | comments(0) | -