1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on April 2020
Recent Comments
Archives
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
秋の紅葉・日光へ
紅葉のシーズンですねー。
先週そんな紅葉を見に日光に行って来ました。
が、お天気はハズレで小雨が降ったり止んだりという残念な日になってしまいました。

東照宮の下にある神橋、流れる水がエメラルドグリーンで綺麗。
橋の上から撮影した〜いと思ったら有料でビックリ。(@_@;)
えぇ〜っ、橋渡るのにお金取るんかいっ!





お昼頃に到着。
せっかくなのでランチは湯葉で行こうと決めてリサーチ。
東照宮近くの「和み茶屋」というお店で湯葉を堪能しました。
うっかり通り過ぎてしまうような馴染み系の店構え。






細長い入り口を過ぎると古民家風の落ち着く店内です。
天気が悪かったせいかすぐに席につけて良かった。





お座敷の部屋もありますよ。





ランチ営業(11時半〜16時)しかしていなくメニューは2種類。
懐石ランチ(1500円)とゆば懐石(2500円)なので1種類ずつ頼みました。
違いは先付けと煮物があるか無いか。

ゆば懐石の「ひきあげゆば」
日光の湯葉は本来は「湯波」となります。
京都の湯葉は端に棒を通して引き上げ1枚で頂きますが
日光は真ん中に棒を通して引き上げ二つ折りの状態にするので、厚く食べ応えのある湯波になるのが特徴です。




ゆば懐石の「揚巻ゆば」
お出汁が十分にしみ込んでいてちょっと甘めな味付けでした。





前菜: 菊と胡瓜の酢の物、小茄子生姜煮、出汁巻き玉子、かぶ阿茶羅漬、柿ピー。
揚げ物: 海老しんじょ大場揚、舞茸、丸十。
焼き物: 南瓜とじゃが芋の豆乳グラタン。
胡麻豆腐: 懐石ランチのみ。
黒米の御飯、汁椀はきのこ汁。





甘味は豆乳杏仁豆腐、又は黒糖ようかん生クリームから選べます。









私達が帰る頃には何人も待っていましたよ。
さすが食べログで1位のお店ですね。
田舎料理に多い甘辛い味付けが多かったような。
私としては出し汁を効かせた味の方が好みかも。





旅行 | comments(0) | -
那須旅行 「石心」のお蕎麦
2日目のお昼は、ブログ友達のこころえさんから教わっていた那須のお蕎麦やさん「蕎麦 石心」で頂きました。
30号線から脇道に入って小砂利の細道を奥に進むと緑の中に隠れるように佇む一軒家を発見。
わぁ〜素敵!素敵!
周りには車がいっぱい停まってるから混んでるかなぁ。





案の定、45分待ちだって。(^^ゞ
10番の番号札を渡され13時35分頃お戻りくださいって言われました。
分かりやすくてよいシステムですね。
そして立て看板の裏に5枚の番号札が下がっているので(4番札はなかった)11時半の開店前に訪れた人はそれを取れば
待たずに入れるってわけです。

人気店なんですね〜。
13時前には売り切れゴメン!なのにその後も訪れる人はいっぱい。
私達もパン屋さんでのんびり買い物なんかしてて危なかったわぁ。

お店の前で待ってたんだけど晴天で空気も清清しくて全然苦じゃなかったです♪
しばらくして8番さんが呼ばれたけど居なくて次に私達が繰り上げですぐ入れる事に。
4番と9番は数字が悪いせいか使ってないようですね。
結局25分くらいしか待たずラッキーでした。
店内に上がると裏庭の見える窓際の座席に案内されました。





メニューは5品で、盛り蕎麦と天ぷらもり蕎麦、創作の蕎麦が3品。
周りを見るとすごく大きな器にこんもりと盛られた野菜が覗いててどんなお蕎麦なのか興味津々。
でも初めてのものに冒険出来ない性格なのでいつものごとく天ぷら蕎麦で。えへへ





来ましたー!
カラっと揚がったエビちゃんや野菜。
お汁も甘過ぎず辛過ぎずすごく美味しくて私好みです。
まずはお蕎麦だけ少し味見して蕎麦の風味をお楽しみ下さいと指南されたのでチュルチュルっと。
うん、多分美味しいと思います!(笑)
見事な細さに切られたお蕎麦は上品であっという間に平らげちゃった。(笑)

那須だってちょっとしたお店は東京並みのお値段するでしょうに
これが1200円ってすごい良心的でビックリ。
他のメニューも高くて1500円くらいかな。





お店は落ち着いた古民家で艶のある柱や風情のある家具が際立ってます。
あちこち覗きに行きたかったけどこちらの女将さんがかなりチャキチャキ動き回ってるので
あまりウロついてると申し訳ないなぁと。(^_^;)
そんな女将さん、喋り方とか対応がすっごい個性的で・・・まぁ行って見てくれたら分かるって感じ。(爆)





いやー満足、満足。
リピーターが多いのやすぐ売り切れゴメンになっちゃうのが分かりました。
お蕎麦も美味しいしお値段も安い、でもお店や周りの環境が素敵なのも人気のひとつだと。
あの空間で食べられるから更に美味しいのかもしれません。
また再訪したいお店です。




この後は那須ガーデンアウトレットでちょっとぶらっとして家路に着きました。
ススキや赤とんぼの群生がを見たりもう秋ですね〜。
とっても楽しい那須旅行でした。





旅行 | comments(2) | -
那須旅行 NAOZOの美味しい石釜焼きパン
初日とはうって変わって快晴な2日目。
ロビーラウンジから見渡す眺めは最高でした。

朝食は8時ですと言われていたのに目が覚めたのは8時半、やっばい!
宿泊客が少ないせいかホテルで朝食の時間が指定されてしまうのは珍しいよね。
慌てて支度をして昨夜と同じレストラン「ラ・テラス」へ。





とても美味しいアメリカンブレックファーストでした。
ベーコンやソーセージは那須高原の手作りって感じの味のあるものでした。
ジャガイモも甘くてホクホク。
最近は地産地食を取り組んでいるホテルが多いですよね。
お客としても現地の美味しい旬な食材を食べられるのはとても嬉しいです。

チェックアウトも10時と言われてたんだけど寝坊してしまったので30分遅らせて貰いました。汗
でもこちらのスタッフの方々はとても対応が良くてですね〜。
特にザキヤマ似のフロントの方が柔らかで丁寧な対応で良かったです。
レストランでサーブして下さった方々もプロって感じで気持ち良かったです。
少ない人数でこなされているようで1人何役も他の仕事をしてました。
ホテルをやっていくのも大変だなって感じです。








ホテルを後にして山を下って行きます。
天気が本当に良くって気持ち良いーーー!
ドライブやただブラブラしているだけでも気持ちが良かったです。
当てのない旅なので道の駅で野菜を買ったり揚げたてコロッケを買い食いしたり。
五峰館というチーズケーキの店でお土産を物色したり。
そうそう、りんどう湖ファミリー牧場ってとこに行ったら想像した通りの入園料で
”誰が行くかぁ〜ボケぇ〜”とは暴言は吐きませんでしたが即効却下で話がまとまり戻りました。(笑)

お昼はお蕎麦を食べようと決めていたのでその近くのある「NAOZO」というパン屋さんへ
先に行きました。
両側の緑の木立が青々と気持ち良い30号線沿いにある素敵なパン屋さんです。





石釜で焼かれているパンということで期待も高まります。
山食パンとやらは要予約のようで既に売約済みのようですよ。
でもまだいろんなパンが並んでいるから良かった。
こうしたパン屋さんは一度に出る数も少ないし早々に売り切れちゃうからねぇ。(^_^;)





車に乗り込む度にパンの良い匂いが漂っててアロマ効果バツグンでしたよ。(笑)
帰宅したその夜、早速買ったパンでお夕飯にしました。
ずっしり重い田舎風カンパーニュ。
外側が香ばしくて中はしっとり。





バゲットも同様。
新鮮なうちに冷凍保存して楽しみましょう。








旅行 | comments(0) | -
那須旅行 ホテルビューパレスに宿泊
ホテルビューパレスは2年前にお部屋の改装をしたとかでとてもシンプルシックなお部屋になってます。
そんな紹介写真に惹かれて申し込んでみました。
テレ東の「厳選いい宿」という番組でも放映されたホテルだったのを知って期待もUP!

那須高原の温泉街の急な坂道を昇っていくと温泉の硫黄臭さが漂います。
結構山の上の方まで昇っていくとホテルがありました。

言っちゃなんですが着いて"ここ!?"ってビックリ。
あんな素敵なお部屋のあるホテルとは思えないような年季の入った外観なんです。
ロビーも廊下も"THE.昭和"な感じで、正直大丈夫かなぁ。(^_^;)

でもお部屋に入ってみるとちゃんと素敵なお部屋だったので安心しましたよ!
茶色を基本とした和モダンのデラックスツインルームです

全面改装は大変な費用が掛かるでしょうからまずはお部屋からなんでしょうね。





4畳半の琉球畳が敷かれていて洋室だけど温泉から上がった後は裸足で寛げました。





アメニティはアロマのシャンプー、コンディショナーやボディシャンプーがあって香りが良かったです。
温泉は鹿の湯の源泉から引いている天然硫黄温泉で白いにごり湯になってます。
露天風呂がこれがまた気持ちいいんですわ♪
宿泊客が少なかったので貸切でゆったり入ることが出来ました。
硫黄はお肌の活性に良くキメが整いシワやシミにいいと効能が書いてありました。
そのまま潜ってくればよかったのにって言われ、オイッ!(爆)
ま、遠慮がちに手にすくってぴちゃぴちゃとね。(笑)





お食事はレストラン「ラ・テラス」の旬彩西洋膳というフレンチで。
連休の時は賑やかしかったでしょうがその後の平日となると静かなもので
こちらとしては落ち着いてゆったりと食事が堪能できて良かった。





「アミューズ・グ−ル」
いちじくのコンポートとキャラメリゼされたクルミ

飲め飲め言われて頼んだ赤ワインがタンニンがあまりなくて私でも飲みやすくて美味しかったのです。
相方も大満足で尋ねると2005年の物のようで2005年ワインは天候に恵まれた最高の当たり年だったそうです。

それ以来2005年・・・2005年・・・と宝探しのように探してるんだけど面白いくらい出てないんですよね〜。(笑)





「可愛らしいアントレヴァリエ アシェットにて」





「パン」
オリーブオイルにつけて頂くんですがこのオリーブオイルがなかなか良いものでした。
EXはもちろん濃厚でフルーティな味。
ホテルで売っているものかな?とロビーの売店に行ってチェックしちゃった。
カルフォルニア産のアルヴェジーナEXバージンオリーブオイルというものでした。
翌日お買い上げして帰りましたよ。





「那須高原風ロワイヤルベール吉野葛のソース」
茶碗蒸しなんだけど海老やカニの甲殻類のだしがよく出てて美味しかったです。





「シェフ特選エスペランス牛ロースのカットステーキ ディションマスタードの赤ワインソース」
お肉もソースもとても美味しかったです!
このマスタードソースは真似できるかな〜、今度挑戦してみようぜぃ。





「本日のお茶漬け和風スタイル」
フレンチだけどなぜか鯛茶漬けです。(笑)
雑みの全くない澄んだ出しスープを掛けて頂きます。





鯛の身が締まって美味しかった〜。





「シェフおまかせデザート」
あとはエスプレッソ or 紅茶 or ハーブティ。
ひとつひとつの量がけっこうお上品なんだけど最後になるとすごくお腹いっぱいですよ。





お水頼んだらボトルで来てやっぱり800円も取られてたよって。(*_*;
くぅ〜侮ってたぜぃ。
旅行 | comments(0) | -
那須旅行 SHOZO巡り
ランチを食べた後は念願のSHOZO巡りです。
那須は美術館・博物館やお土産やさんがすごく多いけど
お洒落な雑貨屋さんとかカフェはあまりないんですよね。

そんな中、那須より下がった黒磯方面にいくとSHOZO系列のお洒落スポットになってるんです。
那須街道にある「NASU SHOZO CAFE」を始めとする「1988 CAFE SHOZO」のカフェ。
アンティーク家具の「ROOMS」ファッションの「04 STORE」が集まってます。

カフェはNASU SHOZO CAFEに行くとして、まずは「ROOMS」へ向かいました。













店内は撮影禁止ということのようなので(他ブログ記事にそう書いてあったので)外側だけパチリ。
売り場の隣ではトンテンカンテン修復作業をしていました。






雑貨など全部欲しくなってしまう♪
買うには高いから手が出ないのでこんな中で暮らしたい妄想で頭がいっぱい。(笑)






道を挟んだお向かいにある「04 STORE」入りはしなかったけど洋服や靴、雑貨などがあるようです。
佇まいがフランスのちょっとした洋服やさんって感じ。
オサレですなぁ。

本当は「SOMA JAPON」に行きたかったんだけどチェックが甘くて見つけられませんでした。
あと「tamiser kuroiso」にも行きたかったんだけど・・・次回機会があればリベンジするぞー。(泣)






さてお次は一番の目的「NASU SHOZO CAFE」です。
那須を代表すると言っても過言ではないんじゃないかと言うくらいメジャースポット。
最初はここでカフェランチにしようかなんて選択もあったんだけど
イタリアンでまだお腹いっぱいだからコーヒーと雰囲気だけ楽しみましょう。






店内はけっこう広くて一脚ごとに色の違う椅子やアンティークな家具が素敵。
テラスに出るまでの間は一段下がったサンルーフのような空間でここも居心地良さそう。
やはり店内は撮影禁止ってどのブログにも書いてあったので店内の撮影は遠慮しました。
テラス席も那須街道の木立を見渡しながらゆっくり出来そうでいいわぁ。
この日は残念ながらどんより曇り日和。(泣)






頼んだモノだけパチリ。
私は森のブレンド、相方はブラジルを。
とても飲みやすくて美味しいコーヒーでした。
アルミのソーサーが変わってて面白いですね。
お店で使われているカップやアルミのソーサーなどは売っているんですよ。
その他焼き菓子やSHOZOトートバッグ、珈琲豆なんかも売ってました。






コーヒーだけ・・・のつもりだったけどやっぱり頼んじゃった。^^;
シフォンケーキをひとつ頼んでシェアしました。
ケーキもふんわりで美味しいしラズベリーの甘酸っぱさがすごく美味しかったです。






お砂糖カワイイ♪
貰ってくれば良かったな。(笑)






シルバーウィーク後の平日だったのでそれほど混んでなかったけど
土日やオンシーズンなんてのは想像を絶するほどの混みようなんでしょうねぇ。






スコーンが美味しいとあったのでお土産に買って帰りました。
外側さっくり中はしっとりな私好みのスコーンです。
ちょっと甘めな粉だったのでそれこそSHOZOのラズベリーのジャムも買ってくればよかったな。




旅行 | comments(0) | -
那須旅行 クチーナ・ハセガワでランチ
シルバーウィークの終わった直後に、すっごく急遽に思い立って一泊旅行して来ました。
場所は那須。
本当は震災前に行こうと計画していたんだけど尋常ではない災害でしたから・・・。
リベンジ、と言うわけじゃないけど、行きたかったお店なんかをチェックし直して楽しんできましたよ。

那須に到着してまずは腹ごしらえ。
いろいろ調べた中でちょっと気になったイタリアンの店、 「クチーナ・ハセガワ」 に行ってみることにしました。
こちらはすぐに満員になってしまうようなので行く前に電話を掛けてみたら
ちょうど2席空いてますのですぐ来て下さればと言うので、もちろんすぐ伺いますデス〜。
那須街道から脇の道を延々と進み知る人ぞ知る的なのどかな場所にありました。
これはナビがないと分かりませんねぇ。(^^ゞ





雑木林に囲まれた建物の脇には薪が積んであってなんだか雰囲気の良さそうな素敵なお店。





漆喰の白い壁と白木を使った店内、カトラリーや食器など北欧っぽい雰囲気満載です。
なんと暖炉があってこの日は薪をくべていたので食べててホントに暑かったよ。^^;
2枚窓だし冬場は暖房対策をしっかりしないと寒さが厳しいんでしょうね。





頼んだのは1800円のランチコース。
しっかり煮込まれた野菜のスープはとても優しい味で、もうちょっとお塩を入れたくなるくらいでした。(笑)





自家製パンは焼きたてアッツアツです!





カルボナーラとポルチーニ茸のパスタ(+300円)
一皿にシェアして持って来てくれるという優しい心使い。
パスタももうちょっとお塩を下さいと言いたい味付けだけど、こちらのお店は素材を生かす味付けなんでしょうね。





デザートはガトーショコラと珈琲で。
これも手作りされたケーキなんでしょうね。
すごく美味しくてまるで売っているケーキみたい。
量が少ないかなって思ったけどゆっくり出てくるのでお腹いっぱい。





エントランスから店内まですべて大谷石の床。
とても素朴で自然なお店、全てが心地良いお店だなぁと思いました。




旅行 | comments(0) | -
伊香保温泉の帰り道ランチ
2日目の伊香保温泉は特に巡らず、買いたい物があったので佐野アウトレットへ向かいました。
道中ランチをするために寄ったのが前橋にある「バー&グリル チェント」
食べログ頼みで行ってみましたよ。




中庭は花びらの浮いたプールやテントのソファ席があり開放的で素敵。
この日は天気が良くて白い建物と青いプールが映えて期待も高まります。




パーティーや結婚式の2次会などがよく行われるらしく
なるほど、そこかしこでそんな感じが伺えます。




ランチはサラダとパンとデザート、珈琲又は紅茶が付いてきます。
私は1300円のランチ、相方は1900円のランチです。

パンは手作りで何種類か頂けます。
3種類のオリーブオイル(オリーブオイル、ローズマリー、ドライトマト)と岩塩が付いて来て
ローズマリーの風味が美味しかったなぁ。




有機野菜のサラダ。




8種類のパスタメニューから一品選べます。




デザートは5種類から3品選べます。






相方は前菜+メインがパスタor魚料理or肉料理の中から選べます。
前菜はローストビーフ?バルサミコソース掛け。




メインは魚料理でスズキのポアレ。
皮パリパリ、身はふっくら、野菜も美味い!




デザート。




美味しかったです。(^_−)−☆

旅行 | comments(0) | -
伊香保温泉に行って来ました♪ 伊香保の石階段と湯の花饅頭
初日の到着後、横手館からすぐの伊香保の石階段に行ってみました。

伊香保温泉の石階段は言わずと知れた名所ですよね。
なぜかここでCMやってた石原良純さんが印象深い。(笑)
わーい、一度来て見たかったんだ!

両脇をお土産屋さんや飲食店が並んでます。
かなり寂れてしまったと噂に聞きますが、さて如何に?
オフシーズンの平日だしほとんど人がいなーい。(^^;;




的屋さんなんかよくテレビなんかで出て来るよね。
ウキウキしてたんだけど夕方で寒くなりそぞろ歩く気にならず…。
よし、明日また来たらいっか。




おっと、階段の中腹に足湯がありました。
老舗旅館「岸権旅館」の前にある「辰の湯」
寒くて凍えた足を温めるには持って来いじゃありませんか!




きゃ〜入ろうよ♪って言ったのにツレナイ返事の相方。
じゃーいいよ、私1人で入るからさー!
相方は部屋で飲むお酒を買って来るからと別行動。




いやー指先まで冷えた足が温まって行くこの安堵感。
極楽、極楽!
1人でのんびり楽しんでいたら大学生の賑やか男女集団に囲まれ
引き上げるタイミングを失いしばし肩身の狭い身分に。(笑)

夜に足を拭ったハンカチを見たらまっ茶!
伊香保温泉の黄金の湯を引いているからかー。
鉄分がたっぷり含まれているからと言われて納得。
手遅れにならないうちに洗っておかなきゃ。



翌日改めて石階段を散策したかったんだけど
え〜別にいいんじゃない?ってまたしてもツレナイ反応の相方。
じゃーいいよいいよ!!(泣)クスン
結局ほとんど巡らず名所終了。



帰りには伊香保温泉で有名な湯の花まんじゅうを買って行きました。
口コミで気になった「清芳亭」へ。




伊香保の温泉まんじゅうは現在の温泉まんじゅう発祥の地だそうで。
薄皮にしっとりとした生地の中は甘味の抑えたこし餡が入ってます。
ま、普通の温泉まんじゅうでした。(笑)

何気に柏屋の薄皮まんじゅうが好きです。




旅行 | comments(0) | -
伊香保温泉に行って来ました♪ 宿のお食事
旅の楽しみのひとつは旅館の食事。

今回頼んだのメニューは「当館自慢の特選上州牛、地元のお野菜、季節の食材を用いた和食膳」
お部屋食になっていてダイニングテーブルで頂きます。

旅館にもよるんだろうけど、ゆっくり食べられるのはいいけど出来たてが食べられないのが部屋食の難点だったんですね。




いろんなお料理の数々。



ご飯と上州牛の甘味噌掛け…。



相方の鉄鍋の蓋がガッチリはまってどうやっても外れない。
とうとう旅館の人を呼ぶと言うハプニングあり。
ちょっと期待よりか残念なお味でもあり。(^^;;




デザートは美味しかったですよ。




朝のご飯です。



おひつのご米は美味しゅうございましたよ。
リニューアルして素敵なお部屋になったから
お食事内容ももうちょいセンスアップするといいのになぁと思ったりして。





旅行 | comments(0) | -
伊香保温泉に行って来ました♪ 名湯の宿 「横手館」
伊香保温泉で泊まる宿は大正ロマンの雰囲気を漂わせる「横手館」という老舗の旅館。
それもそのはず。
こちら本館は大正九年建築という歴史ある宿なのです。
総檜造りの4階建てで本館「東棟」が昨年春にリニューアルしてモダンな新客室が7室出来たそうで、今回はそんなお部屋に泊まる事にしました。




昔では当たり前だったでしょうガラス戸と襖障子ですよ!
でもお部屋は暖房が効いているので寒くはないけど昔の冬場はどうだったんでしょう。




夜はライトアップされた本館の様子がとても素敵なんだけど
この大変なご時勢の影響でしょうね、悲しいかな余分な電力はカットされていまして、客室以外の照明や暖房は切られていました。
暖色の照明で浮かび上がる趣のある建物が見たかったんだけど残念です。




旅館までの細い細い路を進むと横手館があります。
すぐに番頭さんが出て来てくれて車のキーを渡すとそばの駐車場まで車を運んでくれました。




靴を脱いで上がると館内が何だか無性に懐かしい匂い・・・。
そうだ!田舎の親戚んちの匂いだ。(爆)
もしくはよく言う”おばあちゃんち”の匂い。
分かるかなぁ〜お線香を毎日焚いてるような古い家の匂いなんですよ。
旅館の佇まいからして来て早々ほっこりとする感じを受けましたよ。

ソファのあるお部屋で受付を済ませている間しいたけ茶を出してくれました。
しいたけの”お茶”かと思いきや、しいたけのお出汁でした。
でもすごく美味しかったです♪




受付を済ませ客室のある2階に案内されました。
良く磨き込まれた階段の床。
つるっつるですよ。
歩くとギッ、ギッって軋む音がします。




あちこち探索してみたかったけど結構広くて奥行きがあるので迷路みたいで、暗いし戻れなくなりそうだったから止めときました。(笑)
ちょっと覗いた端っこのお部屋は昔スキーで泊まったスキー宿のような古い和室で懐っつかしいなぁって思っちゃいました。
場所によっては廊下の端の床が盛り上がってたり斜めになってたりして、そんなとこからもお宿に歴史を感じますね。




案内されたお部屋は2階の角部屋「あじさいの間」です。
本館「東棟」の和洋室でゆったりとしたモダンな造りでしょう。
柱や梁は磨かれた歴史を感じるものがあったので残す部分は残して素敵にリニューアルされたんですね。
ゆったり寛いじゃいましたよ。




この部屋の食事はお部屋食なのでテーブルがあります。
なんと床暖房が効いていて椅子のある窓際の床部分も床暖房で寒い群馬の冬に嬉しい気遣い。




お部屋に入ると右側にトイレがあり手前の洗面スペースもモダンな感じで好感触。
鏡や化粧水など女性に優しい気配りが見られます。
お風呂は付いてないので温泉に行くことになります。

お風呂は2つの大浴場が時間で男女交代になり、その他3つの家族風呂が50分単位で無料貸切にして貰えます。
横手館は伊香保温泉の象徴でもある源泉「黄金(こがね)の湯」をかけ流しにしてます。
昔からの伝統的な9軒の宿が黄金の湯を引く権利を持っているそうですよ。
鉄分が豊富に含まれた湯なのでかなりまっ茶です。












旅行 | comments(0) | -