1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on April 2020
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「ホノカアボーイ」
他人との距離がうまくとれないレオ(岡田将生)は、彼女(蒼井優)に言われるままにハワイ島に旅行にくる。夜かかる月の虹がみたい。そう言ったのは彼女のほうだった。
「ハワイ島とハワイってちがうんですけど。」
不機嫌な彼女と無口なレオ。ギクシャクした旅。都合悪くなるとすぐ黙る。レオの悪いところ。


半年後、レオはその旅の途中でであったホノカアで暮らしていた。人生なにがどうなるかわからない。ホノカアの映画館で映写技師の助手をしながら。そんなある日、レオは町で一番有名ないたずらヘンクツばあさんに出会う。ビー(倍賞千恵子)との出会いはちょっとした事件だった。「明日から毎日ここで晩御飯たべていきなさい」。そのひとことがすべての始まりだった。ビーはレオの存在がうれしかった。おいしそうにゴハンを食べる男の子。猫以外に突然現れた家族のような存在。毎日のゴハンはふたりにしかわからない言葉のようで。優しい毎日は、ビーをかわいくした。素直にした。
そんなある日。レオは恋をする。よく笑う女の子マライア(長谷川潤)。マライアの存在が、やがて事件をひきおこすなんて思いもしないで。



”ハワイ”というキーワードがあるだけで魅力を感じ、映像の優しさに惹き込まれ、ビーさんの美味しそうな手料理の数々に惹かれて、これは絶対観ておかねばと思った映画でした。

観た人は意見が半々のようで「なぜあそこで〇〇なんだ」とか読めば確かにそれも頷けるというものもあったけど、この映画を真っ向からしか観れない人はちょっと合わないかもしれない。ビーさんの最後のシーンで”あぁ、これはファンタジーなんだ・・・”って思いました。そういう見方で楽しみましょうよ♪

話の途中でちょいちょいクスッと笑える場面が散りばめられていたり、主役レオの岡田将生クンのピュアさがすごく良かった。

良かったと言えばビーさんちのキッチン。ホーローの鍋などのキッチン小道具や風に揺れる薄いカーテンなどキッチュなインテリアがものっスゴくたまらんかったー♪ レオの着ていたTシャツはどれも可愛くて欲しい!(特にHawaiian Airのはツボ!)言わずとも誰しも思うビーさんの作る料理やマラサダの美味しそうなこと♪レオのために愛情込めて作ったご飯「超ーうめぇ♪」って美味しそうに口いっぱい頬張るシーンを見ているとこっちのお腹までグ〜って鳴りそうだよ。(笑)

ビーさんのレオへの愛情からちょっとしたイタズラ心が働きこじれちゃったり、最後は切なかったりするけれど、少年から大人になっていく成長をホノカアとビーさんから温かく描かれています。

淡い色調のポスターを見た時まるでポラロイドSX-70で撮ったようだなと思ったら劇中レオがビーさんの料理をポラで記念に撮っているではないですか。(笑)
そして【撮影:市橋織江】さんとのことで最近偶然知ったイベント女性カメラマン10人による作品展「10’s Green」に市橋織江さんが参加されているようで、こんな素敵な映像を撮られる方の作品を他にも見たくなってしまいました。
映画*DVD | comments(2) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
そうだ、そんな内容だったなぁ。
ついつい、インテリアや潤ちゃんにばかり
意識がいっちゃってストーリーが頭に入って来ず・・。
パンフレットは二冊も買ったのにヾ(゚ω゚)ノ゛

ホノカアのような街はオアフにはないけれど
平日夕方のワイアラエ通りは
ワイキキと違った感じで好きでした。
Posted by my memo | 2009/04/02 1:33 PM

>my memoさん。
パンフレット2冊も買ったのぉ?!すごいね。
保存用と見る用?(笑)
私も劇中セリフは聞きつつ、目はあっちこっちインテリアとかを目に焼き付けようとくまなくチェックしてた。(^^ゞ
ハセジュンはなかなか演技が上手だったね♪
ハワイでは足がないのでなかなかカイムキ界隈には行けないのが辛いところ。(泣)
そっか〜いいなぁ、行ってみたいなぁ。

Posted by kana-wan | 2009/04/03 12:53 AM

Post a Comment